血液ドロドロと高脂血症について

脂肪や砂糖の過剰摂取と運動不足で気づかぬうちに「ドロドロ血腋」に

合併症が怖い高脂血症  血液中には、血清脂質と呼ばれるコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸などの脂質があります。

血清脂質は、からだの組織を造ったり、エネルギー源としてなくてはならない成分ですが、増え過ぎるとドロドロ血液に して、さまざまな症状を引き起こすようになります。

これが高脂血症です。  

なかでも、コレステロールの量が増える高コレステロール血症と、中性脂肪(トリグリセライド)が多くなる高下リグリセライド血症には要注意です。

どちらも、はじめのうちは日立った自覚症状はありませんが、放っておくと、まざまな合併症を引き起こすからです。

高コレステロール血症の状態が長く続けば、動脈硬化を促進させて虚血性心疾患 (心筋梗塞・狭心症)や脳血管障害(脳梗塞・脳内出血)をまね いたり、胆石になりやすいことがわかっています。

一方、高下リグリセライド血症は脂肪肝や、すい炎の引き金となることがあります。


肉好きや肥満の人は特に注意   

高脂血症は体質も影響するといわれていますが、食生活や運動によってほとんどが予防できます。

コレステロールと中性脂肪のどちらか一方でも、からだへの悪影響は必至ですが、両方が高いとなれば、まさにダブルパンチを くらったようなもの。

とくに脂っこいものや肉類が好きな人、太り気味の人は、知らず知らずのうちに余分な脂肪を貯め込んでいる 可能性大ですから、ライフスタイルを改善し、サラサラ血液を保つようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。