血液ドロドロと糖尿病について

過食と肥満にご用心!糖分過多の食生活で糖尿病患者が急増中

過剰な糖分が血管を傷つける  

食事で摂った糖質は、そのまま栄養になるわけではありません。

いったん肝臓や筋肉に蓄えられた後、必要な分だけブドウ糖に分解され、 からだじゅうに運ばれていきます。

血液中のブドウ糖の量は、食後すぐに上昇しますが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの 作用で、正常な量にコントロールされています。

ところが糖質を摂り過ぎると、すい臓は余分なブドウ糖を処理するために常にインスリンを分泌し続けなければならなくなります。  

休む間もなく働き続けるうちにすい臓は疲労して、ついにはブドウ糖をコントロールできなくなってしまいます。

血液中の糖質の量が増え過ぎると、血液はドロドロになり血管を詰まらせて、からだにさまざまな障害を引き起こすようになります。

これが糖尿病です。


糖尿病から始まる病気の連鎖に注意  

糖尿病で血糖値が高い状態が続いていると、血管を傷つけ、動脈硬化を一気に進行させてしまいます。

また、全身の細小動脈や毛細血管にまで悪影響が及ぶため、網膜症や神経障害、腎蔵障害、足の壊痕(組織が死に、腐敗する)など 深刻な合併症が現れる危険性も高くなります。 

困ったことに、糖尿病もはじめのうちはほとんど自覚症状がありません。

「体調が良くないな」と思ったときには、病気がかなり進行して いる場合も少なくないのです。  

食生活の欧米化か、グルメブームの影響か、今や糖尿病の増加率はトップクラス。

甘いもの好きはもちろん、栄養過多ぎみの人は、糖尿病 予備軍と自覚して、くれぐれも注意しましょう。


糖尿病の四大合併症  
          
神経障害   壊疽による手足切断
          尿意を感じなくなる         
          勃起障害  

目の障害    網膜症による失明    

腎臓の障害   腎不全になれば血液透析療法などが必要  

動脈硬化    脳血管障害         
          心疾患 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。