血液サラサラと運動について

ラクチンでキモチいい! 手軽な運動を毎日続けて「サラサラ血腋」を造ろう

からだを動かす習慣を身につけよう

「からだを動かすのが、どうも億劫になっちゃって…」、こんなセリフがいつの間にか多くなっていませんか? 

年齢を重ねるにつれ、運動する機会が減ってしまうのはある程度しかたがないことかもしれません。

しかし、楽することに甘んじていると、どんどん「ドロドロ血腋」が進行してしまいます。  

運動は、食事、生活とともに健康な血液を造るための大切な三本柱のひとつなのです。

また、運動によって、血圧や血糖値、LDL(悪玉)コレステロール 値を下げることができるのはもちろんのこと、LDL(善玉)コレステロールを増やすためには最も効果的なのです。

そして、脂肪を効率良く燃焼させて、中性脂肪を10〜15%も減らす効果も期待できます。



運動は心肺機能を高め、血液の流れをスムーズに、動脈硬化を予防する効果あり


運動はできれば毎日、少なくとも週に2、3回は行う

からだにあまり負担をかけない、無理のない運動が良い

高脂血症、心臓病などの症状がある人や高齢者は、医師に相談してから行う



三日坊主で終わらない自分に合った運動を
 

普段から、からだを動かしていない人がいきなり激しい運動をすると、逆に心臓に負担をかけたり、筋肉を傷める危険性もあります。

ただし、一日や二日、その場しのぎで運動しても、すぐに「サラサラ血腋」を取り戻せるわけではありません。

適度な運動を毎日続けることが大切です。

まずは簡単で長続きしそうなものから始めてみましょう。

ジョギングにエアロビクス、テニスやゴルフと名のつくスポーツだけが運動ではありません。

たとえば、睡眠前や起床時に10分間ストレッチする、通勤時間を利用してウォーキングする、など簡単な運動を短時間行えばいいのです。

あなたもきっと「サラサラ血腋」を、毎日、気持ちのいい汗を流す習慣を身につけることで、手に入れることができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。