血液サラサラ 検査について

サラサラorドロドロは血液検査で一目瞭然!


高脂血症を調べる検査は

血液検査を受けるときは、食事による中性脂肪の上昇を防ぐため、前夜9時以降はものを食べないようにします。

水やお茶など、カロリーのない水分はとってもかまいません。

検査内容は
○問診 ○採血 ○脈拍、血圧測定 ○身長、体重測定    

成分の数値でサラサラ度がわかる


「サラサラ血腋」を理解したら、次に気になるのはやはり自分の血液の状態でしょう。

血液の流れ具合を直接見られれば簡単ですが、あいにく私たちは自分のからだの中をのぞくことはできません。  

そこで、自分の血液がサラサラかドロドロかを知るために、健康診断や人間ドックなどを利用して血液検査を受けることになるのです。

採血して、赤血球や白血球など血液本来の成分や、総コレステロール値、LDL(悪玉)コレステロール値、HDL(善玉)コレステロール値、中性脂肪値、血糖値、尿酸値、血圧値がそれぞれ正常値の範囲にあるかどうかをチェックすれば、結果は一目瞭然です。

異常値が見られたら精密検査の必要も
 

検査の結果、総コレステロール値、LDLコレステロール値、中性脂肪値などが正常値より高く、HDLコレステロール値が低ければ、血液のドロドロ度が高い証拠です。

細胞の生成やエネルギー源として必要不可欠なコレステロールや中性脂肪も、増え過ぎればたちまちからだに有害なゴミと化し、血液を濁らせたり、血管を詰まらせることになるのです。

同じように、血糖値や血圧、尿酸値が正常値より高い人の血液も、ドロドロ度はかなり高いと認識しておきましょう。  

数値が高くなれば、「高脂血症」や「糖尿病」「高血圧症」などの病気を引き起こしている危険性もあるので、場合によっては精密検査が必要になります。

数値に少しでも異常が見られたら、すぐに生活習慣や食生活を改善しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。