血液サラサラとエコノミー症候群

足に血栓ができる  

エコノミー症候群とは、飛行機のエコノミークラスのような狭い座席に長時間座り続けたときに起こる恐れのある、障害です。

座っていることで足の血行が悪くなり、静脈にできた血栓が、席を立つなどして動き始めたときに心臓へと運ばれます。

さらにそれが肺の動脈に達して血液の流れを詰まらせ、呼吸困難などを生じさせ、死にいたらせることもあります。


からだを動かし、血行促進を
 

飛行機だけでなく、列車や長距離バスなどに長時間乗るときも起こる恐れがあり、同様に注意が必要です。

予防するためには、1時間に一度は洗面所へ立つなどして足を動かし、血行促進に努め、また、水分を補給することも大切です。

飲酒は利尿作用があり脱水症状をまねきやすいので、機内ではほどほどに。

車内での喫煙も血行を悪くするので控えめにしたほうがいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。