血液サラサラ 食材 酒

血液サラサラに利き適量さえ守れば「百薬の長」  

アルコールは、全身の血液循環を良くしたり気分をやわらげるだけでなく、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓ができるのを防ぐ効果があることがわかっています。

ただし「血液サラサラ」効果が期待できるのは適量を飲んだ場合に限ります。

「百薬の長」も、度を超した飲み方をすれば、肝臓病や心臓病を引き起こす毒に変わってしまいます。

アルコールの適量は一日30mlが目安です。

日本酒の場合は、一合程度と覚えておきましょう。  


血液サラサラに効果倍増テクニックは??


上手な飲み方をマスターしましよう  

酒を「百薬の長」にするためには、いくつか鉄則があるのを覚えておきましょう。

まず、自分の酒の適量を知ることです。

一日一合はあくまで目安で、当然個人差があります。

気分が悪くなったり、息苦しくなる前にやめることが大切です。

また時間をかけて、ゆっくり飲むように心がけましょう。

同じ量を飲んでも、ゆっくり飲むと悪酔いしません。

空腹時の飲酒も禁物です。

必ず食べ物をつまみ各がら飲むことを守ってください。  


嫌いな人は??

無理して飲む必要なし  

肝膿のアルコール処理能力には生まれつき個人差があります。

つき合いも大切ですが、酒に弱い体質の人が許容量を超えて飲むのは「百害あって一理なし」です。

酒に関しては、嫌いな人は決して無理して飲まないようにしましょう。  


豆知識!! 

食べ過ぎには注意して  

酒は、食べ物をつまみながら飲むのが鉄則ですが、油脂分の強いつまみは肥満などをまねくので、なるべく低脂肪のものにしましょう。

つまみにはチーズなどの高たんばく質食品が良いでしょう。
チオニン(アミノ酸)の作用で、肝臓をアルコールから守ってくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。