血液サラサラ 食材 酒

血液サラサラに利き適量さえ守れば「百薬の長」  

アルコールは、全身の血液循環を良くしたり気分をやわらげるだけでなく、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓ができるのを防ぐ効果があることがわかっています。

ただし「血液サラサラ」効果が期待できるのは適量を飲んだ場合に限ります。

「百薬の長」も、度を超した飲み方をすれば、肝臓病や心臓病を引き起こす毒に変わってしまいます。

アルコールの適量は一日30mlが目安です。

日本酒の場合は、一合程度と覚えておきましょう。  


血液サラサラに効果倍増テクニックは??


上手な飲み方をマスターしましよう  

酒を「百薬の長」にするためには、いくつか鉄則があるのを覚えておきましょう。

まず、自分の酒の適量を知ることです。

一日一合はあくまで目安で、当然個人差があります。

気分が悪くなったり、息苦しくなる前にやめることが大切です。

また時間をかけて、ゆっくり飲むように心がけましょう。

同じ量を飲んでも、ゆっくり飲むと悪酔いしません。

空腹時の飲酒も禁物です。

必ず食べ物をつまみ各がら飲むことを守ってください。  


嫌いな人は??

無理して飲む必要なし  

肝膿のアルコール処理能力には生まれつき個人差があります。

つき合いも大切ですが、酒に弱い体質の人が許容量を超えて飲むのは「百害あって一理なし」です。

酒に関しては、嫌いな人は決して無理して飲まないようにしましょう。  


豆知識!! 

食べ過ぎには注意して  

酒は、食べ物をつまみながら飲むのが鉄則ですが、油脂分の強いつまみは肥満などをまねくので、なるべく低脂肪のものにしましょう。

つまみにはチーズなどの高たんばく質食品が良いでしょう。
チオニン(アミノ酸)の作用で、肝臓をアルコールから守ってくれます。

血液サラサラ 食材 緑 茶

血液サラサラに効きがんや生活習慣病予防に有効なカテキンに注目!!  

緑茶は、カテキン、カフェイン、テアニンを多く含みます。

緑茶特有の渋み、苦味、うまみのもととなるこの成分は、さまざまな薬効を持っています。  

なかでも渋み成分のカテキンは、がんの発症や転移を防ぐ働きがあることで、近年クローズアップされています。

また、総コレステロール値や中性脂肪値を下げて動脈硬化を防いだり、高血圧や糖尿病の予防にも効果的で、まさにからだにとってはいいことずくめの飲料です、これであなたも血液サラサラに。 


血液サラサラに効果倍増テクニック??


料理にも利用しよう  

緑茶にはカテキンなど以外にも、食物繊維、ビタミンA、Eなどの栄養素が含まれています。

ただし、ビタミンAやE、食物繊維(不溶性)は水に溶けないため、飲用では摂ることができません。

そこで、茶葉を料理に利用してみましょう。

緑茶の成分をあますところなく摂ることができます。また、カテキンを効率良く摂取したいときは、抹茶もおすすめです。

スーパーでも手に入るので、作法などにとらわれず、気軽に楽しみましょう。  


嫌いな人は??

粉末や加工品でトライ!  

茶は飲みたいけれど、急須でいちいち入れるのはめんどうくさくて……。

そんな人には、水やお湯を注ぐだけですぐ飲める粉末製品がおすすめ。

お茶が嫌いな人は、緑茶の成分を配合したキヤンディなどからトライしてみては。  


豆知識!!


保存は冷凍庫で  お茶の鮮度と効能を保つためには、少量を買い求め、保存の際はなるべく冷凍庫で。

とにかく早めに使いきるのがポイントです。

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑える作用があります。

1日10杯以上飲めば、効果もぐんと高まります

血液サラサラ 食材 麦 茶

血液サラサラに利く
香り成分のビラジン類が血液をサラサラに!
 
麦茶の香ばしい匂いのもとは、ビラジン類という成分によるものです。ビラジン類には血小板を固まりにくくして、血栓を予防する作用があります。麦
茶の血液サラサラ効果は、医学的にも証明されていて、高血圧や動脈硬化などの予防に役立つことが期待されています。
 麦茶には、胃の粘膜の炎症を抑える効果もあります。暑い夏に麦茶を飲む習慣は、いくら飲んでもおなかにやさしいことを経験的に知っていた、昔の人の知恵と言えるでしょう。

 血液サラサラに効果倍増テクニック

六条麦茶って?
 麦茶の原料である大麦は、穂の結実のしかたで六条種と二条種に大別され、麦茶に適しているのは、たんばく質の含有量の多い六条種です。
なぜなら、たんばく質の量が多いほど、加熱したときの香りが豊かになるからです。六条種の大麦はお茶のほかにも、みそやしょうゆ、焼酎、麦こがしなどにも利用されます。
一方、たんばく質の少ない二条種の大麦は、おもにビールやウイスキーの醸造に用いられています。

 困った・・・嫌いな人は
 
あっさり薄めに
 麦茶は香りを立たせるために、4〜5分煮立てるのが普通ですが、濃過ぎるのが苦手な人は、煮出す時間を短めにするとよいでしょう。

 ちょっどご用心

冷え性の人は注意
 麦茶は、緑茶やウーロン観茶などに比べて、からだの熱を冷ます作用があります。
からだを中から冷やしてくれる麦茶は、夏場には最適の飲み物ですが、胃腸が弱っているときや、冷え性の人は飲み過ぎないように注意しましょう。

ビールは、大麦を発芽させてできたアミラーゼなどの酵素を利用し、発酵させて造りま夏に飲まれる麦茶とビールは同じ原料のため、サラサラ効果も期待できるでしょう。
ただし、ビ−ルについては、個人差もありますが、大ぴん1本を一日の適量の目安にして下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。