血液サラサラとエコノミー症候群

足に血栓ができる  

エコノミー症候群とは、飛行機のエコノミークラスのような狭い座席に長時間座り続けたときに起こる恐れのある、障害です。

座っていることで足の血行が悪くなり、静脈にできた血栓が、席を立つなどして動き始めたときに心臓へと運ばれます。

さらにそれが肺の動脈に達して血液の流れを詰まらせ、呼吸困難などを生じさせ、死にいたらせることもあります。


からだを動かし、血行促進を
 

飛行機だけでなく、列車や長距離バスなどに長時間乗るときも起こる恐れがあり、同様に注意が必要です。

予防するためには、1時間に一度は洗面所へ立つなどして足を動かし、血行促進に努め、また、水分を補給することも大切です。

飲酒は利尿作用があり脱水症状をまねきやすいので、機内ではほどほどに。

車内での喫煙も血行を悪くするので控えめにしたほうがいいでしょう。

血液腋サラサラに効くサプリメントは

◎あくまでも補助食品として活用 

栄養補助食品、いわゆるサプリメントを利用するときには、注意したい点がいくつかあります。

@栄養は食事で摂るのが基本。
サプリメントは旅行や出張など、外食を続けざるを得ないときなどに上手に活用する。

A体内での成分の働きを理解し、自分に必要かをよく検討する。

B購入するときは、成分表示や使用量が詳しく記載されているものを。

C過剰に摂らないように注意。


◎血液をきれいにする効能も
(サラサラ血液) 

血液をきれいにするサプリメントとして販売されているものには、

イチョウ葉エキス(動脈硬化の改善)、

ウコン(コレステロールを減らす)、

キチン・キトサン(コレステロールを減らし、血圧を下げる)などがあります。


またビタミンCやDHA、ポリフェノールなどのサプリメントも効果が注目されています。

ドロドロ血腋とストレス

◎ストレスでドロドロ血腋に 

ストレスが原因でドロドロ血腋になるストレス赤血球増多症は、血液中の赤血球の比率が
上昇する一方で、全体の赤血球数には変化が見られないという特徴を持つ病気です。  

ヘビースモーカーに多いことから、イライラして煙を深く吸ったり吐いたりする回数が増え、
また汗をかいたりすることで、血渠中の水分が失われるためだと考えられています。

愛煙家は要注意です。


◎リーブックス法を身につけよう

一般的に人はストレスにさらされると、それに対応するべくからだは変化し、血圧や脈拍は
上昇し、血管は狭まり、血液中のコレステロール濃度なども上がってきます。

長く続けば、高脂血症や動脈硬化、高血圧などの引き金となり、症状を悪化させたりします。

ストレスをやわらげる自分なりの方法を、いくつか身につけておきたいものです。

血腋ドロドロとA型性格

◎怒りっぽい人は要注意 

休みなく自分を駆り立てて仕事に向かい、人に対しては競争心や攻撃性が強い性格の人を
「A型性格」と呼びます。

逆に、ゆっくり楽しみながら仕事をするような楽天的な人を「B型性格」と呼びます。  

A型性格の人は心筋梗塞や狭心症の発症率がB型性格の人の2倍以上、
冠動脈硬化は6倍以上にものぼるといわれています。

A型性格の人は、怒りっぽくて自らストレスを呼んでいるようなところがあり、疲れていてもそれに気づかず、充分に休養することもありません。


◎ときどき息抜きを
 

性格は、変えようと思ってもそう簡単にはできません。

ですから、A型性格だと思われる人は、ドロドロ血腋になる恐れ がより大きいことをまず
理解して、ときどき息抜きすることを心がけましょう。

血液ドロドロと男性・女性ホルモン

◎男性ホルモンは赤血球を増やす  

赤血球の寿命は約120日といわれ、赤血球数が減少して酸素の供給量が減ると、エリスロポエチンという物質が腎臓でさかんに造られるようになり、これが骨髄での赤血球の製造を促します。 

男性ホルモンはこのエリスロポエチンの製造を促すため、女性より1割も多くの赤血球が血液中に存在することになります。

したがって、男性のほうがストレス赤血球増多症などにかかる割合が高くなります。

◎女性は50歳代から要注意


一方、女性の場合は、エストラジオールという女性ホルモンが悪玉コレステロールの増加を抑えてくれているのですが、閉経後に減少するため、男性と同じように高脂血症などにかかりやすくなり、注意が必要です。

血液ドロドロを防ぐ為にも、男性、女性ともに、年に1〜2回の血液検査を受けるべきでしょう。

血液サラサラ 血圧の測り方

◎一定条件で測定しよう  

家庭で手軽に測れる血圧計が多種販売されています。
簡単に測れるようになったとはいえ、血圧の変動をより正確に把 握するためには、
おさえておきたいいくつかのポイントがあります。  

@測定する時間を決めておく。

Aしばらく安静を保ってから測る。

B食間に測る。食後少なくとも1時間たってから。

C測定前の飲酒、喫煙は避ける。

D暑すぎる部屋、寒すぎる部屋での測定は避ける。

E測定器は正しく使用する。


◎血圧で健康管理を                            

高血圧はドロドロ血腋を悪化させ、脳梗塞や心筋梗塞などを合併しやすいので、
高血圧とわかったら早めに正常値に戻す 必要があります。

自覚症状がなく日常生活にも支障がないからといって、放っておいてはいけません。
血圧測定の結果を 健康管理に役立てましょう。

サラサラ血液と血管の話

◎血液総量は体重の7・5% 
人体をめぐる血液の総量は、体重の約7・5%といわれ、比重は水とほとんど同じです。つまり、体重が50也なら3・751ということになります。
 また心臓の拍動数は、安静時であれば1分間に約70回。ドックンというたびに0.7〜0・81の血液を送り出すので、一日では7000〜80001もの血液を送り出す計算になります。なんと一升瓶4000本前後に相当します。

◎血管をつなげると9万kmになる!
 血管のいちばん太い部分は心臓の左心室から血液を送り出す大動脈で、成人なら直径が約3cmあります。
毛細血管でもっとも細い部分は直径約7マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1m)。すべての血管をつなげると、9万kmになるといわれています。
詰まってしまったら、たいへんなことになりますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。